Archive for 3月, 2010

新築のための土地探し

3月 18th, 2010

土地がなければ新築で家を建てると決めても建てることはできません。
住宅と土地の関係は密接あります。
既に家を建てる土地を購入していていたり昔から土地を持っていた方、またこれから土地探しをする方も土地の地盤の強さについて考えておかなければなりません。
一戸建ての耐久性を決めるのは一番下で支える地盤と基礎です。
地盤が建物の荷重に対して耐えられなければ建物は傾いてしまいます。
建て替えの場合は元々家があったところなので地盤についてあまり気にしなくてもいいと思いますが宅地造成地は注意しましょう。
宅地造成地などの切土は土地を切って造成しますので心配はいりませんが盛土は土を積み重ねていくので地盤が安定していません。
安定には1年以上はかかります。
家を建てるために土地に対して転圧や地盤の改良が必要な場合があります。
どうしてもすぐに家を建てなければならない時は地盤調査を依頼しましょう。
地盤の沈下には注意しなければなりません。
地盤の沈下は地盤の弱い土地を埋め立てたり、傾斜地を造成したところで起こりやすく、もし現場周辺をみてそんな雰囲気が感じられれば地盤調査を行う事をお勧めします。
土の中は目で状況を判断する事が出来ないので注意しましょう。
場合によっては地盤改良などを行うため、地盤改良に伴う金額が増え、工事期間も長くなるので注意しましょう。
また最近の新築現場ではべた基礎を採用する住宅が随分多くなりました。
べた基礎は床下全面に鉄筋コンクリートで一体につくられた基礎です。
建物の重さを広い面で受け止めるため単位面積あたりの重量が布基礎より小さく、多少地耐力が不足する地盤であっても沈みにくくなります。
家造りも大変ですがその土台となるのは土地なのでそこで建てると決めたら地盤に関しては惜しまずに調査しましょう。

Tags: , ,
Posted in 不動産物件探し | Comments (0)