Archive for 1月, 2011

競売物件について

1月 30th, 2011

不動産物件からマイホームを取得しようと考えて中古住宅や中古マンションなどの物件の情報を探しているとその中に競売物件という物件の情報を入手することがあると思います。
競売物件とはローンが払えなくて破綻した場合や経済的に問題が発生した所有者がどうしようもなく手放した物件を裁判所が差し押さえて売却されようとしている物件のことです。
競売物件は同じような条件や周辺の中古物件の売買金額よりも2~3割安く金額が付けられています。
しかし逆に人気の物件は売買金額が高くなる場合もありますし、絶対に落札できるわけではありません。
また競売物件の支払いは現金一括しかないので素人が手を出すのは大変です。
大体競売物件を入札して落札しているのは不動産会社になります。
仮に素人の方が落札できたとしても競売物件は問題が残されている場合などがあります。
というのもまだ人を住んでいたり、居座られて立ち退き料を請求されるなどの場合も少なくはありません。
そしてそのことについて裁判所が動いてくれるわけでもありません。
また、普通の不動産物件と違い競売物件は落札後の物件明け渡し時にしか物件の内部が見れないので安いからと言って購入してみたらリフォームをしないと住めないという問題が発生することもあります。
裁判所が物件を売却しているから安心だと思う人がいるようですが、裁判所の調査では細かいことまでわかっていないので裁判所の調査書の全てを信じてはいけません。
競売物件には素人の方が手を出すものではないと思いますが、
どうしても落札したい物件がある場合は不動産会社に競売代理を依頼するか売買金額が高くなりますが落札後に不動産会社が売りだすまで待ってみることをおすすめします。
大分の中古マンションを購入した友人もそうやって手に入れたといっていました。

Tags: ,
Posted in 不動産物件探し | Comments (0)