Archive for 2月, 2011

マイホーム取得にかかる税金

2月 19th, 2011

新築で住宅を建てたり、中古住宅や中古マンションなどの不動産物件を取得する際に必要な税金についてです。
熊本で住宅を建てた友人も税金についてはよく理解していなくて家を建てたのちにも住宅会社の営業マンの方ん日お世話になったそうです。
新築で住宅建てたり中古物件を購入すると様々な税金を納める義務が生じます。
新築で家を建てた時やまた家を建てるための時の土地の購入、中古物件購入時にどのような税金がかかるのか、
またその負担額がいくらなのかということを知っておけばマイホーム取得についての予算や資金計画などが明確になっていきます。
今回は都市計画税について考えてみたいと思います。
市街化区域内で住宅を購入した人に対して翌年の1月1日の時点での所有していることびたいして課税される税金のことです。
中古住宅や中古マンション、土地などの不動産物件取得は年の途中からなのでなので、物件引渡し日より前は売り主が支払い、引渡し日より後は買い主が支払うことになります。
税金の負担額については基本的に売り主・買い主でそれぞれの日割りの計算された額です。
大体の不動産売買の場合、土地計画税を既に売り主が払っていることが多いのでその場合は契約締結後に買い主が売り主に日割り分を支払うことことが通例です。
また都市計画税は固定資産税と一緒に納税の金額が通知され、支払いも固定資産税と一緒に納めるようになっています。
都市計画税は土地や建物の評価額に対して納税先となる各市町村が税率を決めています。
税率に関して最大で0.3パーセントと決められていますが0.2パーセント以下の市町村が多いようです。

Tags: , ,
Posted in 住宅の購入や取得 | Comments (0)