Archive for 6月, 2015

和室

6月 17th, 2015

日本人なら和の空間を大事にしたいと感じる人は多いのではないでしょうか。私は結婚し、暮らし始めた戸建ての賃貸住宅には畳の和室は一室もありません。実家は畳のリビングですし、客間としての和室や、宿泊ルームも和室だったので畳の空間に慣れていた私は全室フローリングの現在の賃貸住宅に少々抵抗を感じてしまいます。

そんな我が家も新築住宅を建てることになり、リビングの延長上に和室を設けることにしました。最近では我が家のようにリビングの延長線上に和室を設けたり、リビングの一角に和室を設け普段使いできる和室を求める人が多くなりました。このようなスタイルな和室にすることで、家族が集まるリビングにより開放感や広さを増すことができます。客間として独立した和室を設けても使用頻度が下がり、もったいない空間に感じてしまいます。それよりは普段使いでき、多目的に使用できる和室が合った方がより暮らしを豊かにしてくれるのです。

洋風リビングと畳の和の空間が調和の取れた空間が繋がるように、和室を小上がりにする人もいます。我が家も小上がりの和室がいいかなと思っています。小上がりにすることで魅力がたくさんあるのです。まずサッと腰を下ろせる便利なイスになるのです。家事の合間の休憩もしやすくなります。そのままゴロンと体を倒すこともできますし、小上がりにしていることでゴロンと横になっていても立ち上がりがスムーズに行えるのです。
また畳下に生まれる空間を活用し収納スペースを設けることができます。ここに子どものおもちゃをしまったり、和室で使用する座布団をしまったり使い勝手のいい収納スペースとして活用できるでしょう。和室の魅力を今一度考えてみて、家造りを進めてみるのもいいと思います。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

玄関ドア

6月 4th, 2015

玄関は住宅の顔と言われる部分です。それだけに玄関に設置する玄関ドアは重要なドアの一つなのです。外観との調和が取れたデザインを選ぶといいと思います。デザイン性も求められますが、採光や採風、防犯性など高い機能性が求められるドアでもあります。また家族みんなが出入りする場所でもあるのでスムーズに行き来できるようにもしておきたいものです。

そこで我が家は玄関ドアの機能性を重視しました。リモコンキーをカバンや服のポケットに入れておけば、鍵を出さなくても玄関ドアに設置されているボタンを押すだけで二つのロックを施錠・解錠できるのです。ドアが閉まると自動で施錠されるので防犯性にも安心できます。リモコン機能を使い、少し離れたところから施錠・解錠することもできます。

我が家には小さい子どもがいます。買い物からの帰宅時は両手に荷物を抱え、子どもを抱えていることもあります。このような時カバンから鍵を取り出すという単純なことでさえ大きな負担と感じるのです。機能性に優れたこの玄関ドアであればわざわざカバンから鍵を取り出す必要がなくなります。ボタンを押すだけでスムーズに室内へ入ることができるのです。

玄関ドアはデザイン性をついつい重視してしまいがちですが、機能性にも目を向けることで生活を送りやすくもなるのです。家に入るまず最初の扉です。デザイン性にも機能性にもこだわりを持ち設置したいものです。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)