Archive for 10月, 2015

安全な浴室

10月 14th, 2015

浴室は一日体の汚れを落とす場所であり、一日の疲れを癒してくれる場所でもあるのです。リラックスするには浴室で過ごすのが一番と考える人も多いです。しかしこの浴室では多くの事故が起きている場所でもあるのです。滑って転んだり、浴槽で溺れるなどの事故が多く、家庭内でもたくさんの危険が潜んでいる場所なのです。それだけに小さい子どものいる家庭や高齢者のいる家庭では安全で安心して入れる浴室環境を整えておきたいものです。

まず滑りにくく、衝撃を吸収してくれる床にしましょう。以前はタイルの床で、ツルツルして、滑って転ぶと大きなケガに繋がることもあります。しかし最近の床は、表面の凹凸を細かくすることで、濡れていても足が床面をピタッととらえ、すべりにくい形状になっているのです。万が一転んでも衝撃を吸収してくれるクッション性を持たせたものもあり、直接膝をついても痛くなく柔らかい感触の床になっているのです。

また浴室では、立ったり、座ったり、またいだいと動作が多いです。適材適所に手すりなどのつかまる所があることでそれらの動作が行いやすくなるのです。入浴動作を考え、浴槽の出入りの時や洗い場に移るときに転びやすい姿勢の時につかまりやすい位置に手すりを設けましょう。手すりの形状や位置に配慮することで浴室の安全性がグンと高まるのです。これらの点に気をつけながら、浴槽の形状にも注目することで、最高のリラクゼーションの場とすることができます。半身浴を楽しんだり、家族でゆったり入れる浴槽にしたり、浴槽の形状で楽しみ方も変わってきます。ライフスタイルにぴったりの浴室を目指しましょう。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)