Archive for 6月, 2016

経済的なトイレへ

6月 9th, 2016

数年前、実家のトイレをリフォームしました。以前は触ったら壁が落ちてくる砂壁で、砂壁の下部と床は黒のタイルが敷き詰められており夜トイレに行くことが怖いといつも感じていました。しかしリフォーム後は明るくきれいなトイレへと変わりました。壁や床の色を柔らか味のある色にすることでトイレに入った時の印象をパッと明るくしてくれるのです。

そして何より便器や便座の機能性、そして形状、一階に使用する水量を知り私は驚きました。トイレは家族みんなが一日数回使うので使用頻度の高い場所です。きれいで落ち着ける空間造りをするのはもちろんのことですが、光熱費のことを考えると機能性に優れた便器や便座にしておく必要があるのです。

便器の形状は凹凸が少なくお掃除のしやすい形でした。便座においては待機電力ゼロの瞬間式洗浄便座というものがいいと思います。これは使用時に便座とシャワーを瞬時に温めてくれるので、トイレに人がいない時は待機電力をゼロにしてくれ、消費電力を大幅に削減できるのです。

水量に関しては1階の洗浄水量が従来のものに比べ約三分の一の節水タイプのものがあります。トイレは水をよく使用する場所なだけにこのような節水タイプにすることで水道代を大幅に削減できます。トイレは家族が頻回に使用する場所でもありますが、来客者の人が使用する場合も多々あります。機能性に優れた便器や便座のトイレを目指し、居心地がいい、オシャレで落ち着ける空間に仕上げたいものです。そうすることでお客様も快適に用を足すことができると思います。住宅の中で狭い空間ではありますが、高い快適性を保てる場所にしたいです。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)