Archive for 2月, 2017

終の棲家

2月 24th, 2017

子ども達が独立したのをきっかけに夫婦二人の暮らしが戻ってきます。この世代の人達が求める住まいとは、無駄をなくした生活感を感じさせない空間ではないでしょうか。住宅の顔となる玄関から玄関ホールはゆったりとした広さを確保し、柔らかく温かみのある照明で空間を明るく照らします。玄関を通り抜けると対面式キッチンを中心にダイニングとリビングの一体感のある空間が広がります。広さや開放感を与えてくれることでお客様のおもてなしにも最高です。

また、この一体感のあるLDKから庭の緑が目に入ることで安心感が増しますし、ホッと安らげる空間だと感じられるのです。庭と室内の一体感を感じることで贅沢でおもてなしの時間をより演出してくれることでしょう。ただ単調にLDKを繋げるのではなく、床に高低差を付けて空間のメリハリも大切にしたいものです。

リビングは長時間過ごす場所であるだけにより居心地の良さを高めたいものです。キッチンやダイニング部分の床よりも一段低くなったロースタイルリビングにしてそれを実現するのです。天井がより高く感じられることで広さや開放感がプラスされ、ダウンフロアがより落ち着いた印象を与えてくれ居心地の良さを増してくれます。床の段差をイス代わりに腰かけて利用することもでき自然とリビングに家族が集まりやすくもなります。視線の高さもずれるので互いの視線を気にせず個々の時間もより満喫できることでしょう。

若い時とは時間の利用の仕方も、ライフスタイルも変わってくるだけに終の棲家として最適の住まい造りをして、第二の人生をスタートさせるのもいいと思います。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)