Posts Tagged ‘収納’

動線に沿った収納

4月 7th, 2018

収納を設ける際、一か所に大型の収納庫を設けておけば満足できるというわけではありません。適材適所に必要な物がきちんと収められていること、そして収納しているものが把握しやすく、出し入れがしやすいようにしておくことも大事です。

そこで最近では玄関にはシューズクローク、キッチンにはパントリー、洗面室には洗面クローゼット、寝室にはウォークインクローゼットと各所に収納スペースをしっかりと確保している家庭が多いです。必要な物が必要な場所にきちんと整理されていることでその空間の利用のしやすさが高まるのです。

加えて、動線に沿った収納と言う点にも注目してもらいたいと思います。動線に沿った収納を設けることで、物の出し入れの際に住宅内を無駄な動きをすることなく、必要な物が取り出し、利用することができるのです。例えば、玄関と洗面室への動線上にウォークスルークローゼットを設けておきます。そうすれば帰宅時、外出先で着ていた上着をここのクローゼットでしまい、身軽な状態でその先にある洗面室で手洗いを行うことができます。手洗いを終えるとリビングでゆっくりくつろぐことができます。二階のクローゼットに上着をしまったり、そこから洗面室へ行ったりする無駄な動きが省けるため便利なクローゼットだと実感できるのです。

また、家事を行う上でよく行き来をするのが、キッチンと洗面室です。我が家は、この二つの空間をウォークスルー収納で繋いでいます。通路の片側はキッチンパントリーとして利用しており、もう片側は洗面クローゼットとして利用しています。キッチンで夕飯の支度をしながら、洗面クローゼットからタオルや下着、パジャマを取り出し、その先の洗面室にセットします。戻ってくる際には、キッチンパントリーから必要な食材を取り出し、キッチンでスムーズに利用することができ家事効率が高められています。動線に注目して収納スペースを設けることも大事なことなのです。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

子供が服を片付ける収納

2月 20th, 2018

子供部屋、子供スペースは、勉強する場所であると共に、感性を育む場所でもあります。子供部屋でも、リビングの一角であっても、子供にお片づけの習慣を身につけてもらうには、子供専用の収納と躾とがセットになっていることが大切です。

収納のポイントは3つあります。

子供が感覚的に受け入れやすい収納を選ぶ・・・実用性と共に、シンプルで長く使えて、さらに収納家具自体が楽しいものが良いでしょう。

おもちゃと服の収納を1箇所にする・・・最初にお片づけを学ぶのはおもちゃで、その次に衣類です。この二つを同じ場所で収納できると、子供の生活の拠点ができ、子供の持ち物の指定席が出来ると、使ったら元に戻すという収納の基本通りに実行しやすくなります。
ただし服を着替える場所については、家庭や住まいの事情が関わり、パジャマを着替える場所や入浴後に着替える肌着は何処にあったら良いかなど、分散します。いつも着る服、肌着、シーズンオフや待機中のお下がり服などに分け、いつも着る服とおもちゃを近くに集めて収納すれば、気まぐれな子供にも、お片づけのトレーニングを進めやすくなります。

成長に合わせてカスタマイズする・・・子供用の収納家具は、キャラクターが描かれていたり、おとぎの国のような形だったりしますが、飽きることなく長く使えて、しかも部屋のインテリアと馴染むものという観点も大切にしましょう。子供自身が片づけられるように、子供の身長に合った低い家具から使い始め、後から買い足して背の高い家具にします。最初は扉のないオープン収納でスタートし、片づける能力に応じて、徐々に収納家具を完成させていきましょう。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

狭いキッチンでもスッキリ暮らす

11月 16th, 2017

賃貸などの狭いキッチンでも、物を厳選すればスッキリ暮らす事ができます。あって便利な物が無限に増えていく場所なので、必要な物を見極め、物よりもスペースを確保することを目指しましょう。

★当たり前の物を見直す
三角コーナーや水切りカゴは、スペースをとります。洗った食器は、水切りカゴの代わりにタオルやトレーにおいて、すぐに拭きます。片づけが終わると、シンク周りには何もない状態になります。一見不便なようですが、水切りカゴが無くなると、調理や一時置きのスペースが確保できるようになり、かえって快適なキッチンになります。

★シンク下のスペース
シンク下のスペースは、便利な収納グッズを使えば有効活用できます。
食器を厳選して必要な数だけに絞り、食器棚を使わず、シンク下伸縮棚にすべて収納します。そして一定量をキープしながら生活します。シンク下伸縮棚は、左右に伸縮し、棚は上下に移動可能です。配水管を真ん中に通すことで、奥まで無駄なく使えます。茶碗、おわん、皿、鉢、カップ類など4人分の食器と、ボールやザルまで余裕を持って収納出来ます。

★コンロ下のスペース
引き出し式のスライド収納に、食材のストック、調味料、お弁当箱などを入れます。スライドできるので、使い勝手が良いです。調味料などストックは、2週間をめどに使う物だけにします。スライド収納の横には、フライパンや鍋合わせて3つと、コーヒーメーカーを入れても、余裕のスペースです。

★小さいワゴン
小さなキャスター付きワゴンに、毎日使う、炊飯器または土鍋(炊飯用)、トレー、お砂糖、コーヒー、リネンなどを収納します。食器棚のように空間を圧迫しないので、広々した感じがします。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

ウォークインタイプのリビング収納

11月 5th, 2015

先日新築住宅が完成した友人宅へ遊びに行きました。その友人宅にはウォークインタイプのリビング収納が設けられていました。今まで多くの住宅を見に行きましたが、ウォークインタイプのリビング収納がある家は始めてでした。しかしこれはいいな!と思いました。

リビングは家族が集まる場所です。また家に遊びに来た友人達をお通しする場所でもあります。人が集まる場所なだけに自然と物も増えてしまうのです。しかしくつろぐはずの空間が物で溢れてしまっては快適性を損なってしまいます。そこで人が集まるリビングだからこそ収納スペースを充実させるべきなのです。

友人宅のリビング収納は、リビングの背面に設けられていました。室内から見えない収納スペースを作ることで、見せたくない日用品や掃除機などまでスッキリと収納できるのです。室内からは見えないので生活感を感じさせずスッキリとしたリビングに仕上げられるのです。

リビングに散らかりやすいものは、着ていた上着や持ち歩いたカバンです。ついついソファの上や床に置きっぱなしになってしまいます。これらもこのリビング収納を利用して一時置きしておくのです。衣類を掛けて収納できるスペースと、可動棚で自由に棚を高さをアレンジできる造りにしておくと使い勝手が高まります。いつも着用する上着がこのリビング収納にあれば、外出時わざわざ二階のクローゼットまで上着を取りに行く手間が省けます。

また可動棚で空間をアレンジできればデッドスペースが生まれにくく、収納スペースを有効的に利用できるのです。意外と見落としがちなリビング収納を充実させるのは大事なことだと思います。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

階段下収納

2月 3rd, 2015

満足度の高い住宅にするには収納を充実させることが大変重要です。
住宅の中に無駄なスペースを生むことなく有効活用させることが大事なのです。
多くの住宅で取り入れられているのが階段下収納です。
我が家は現在戸建ての賃貸住宅に住んでいるのですが、
その住宅にも階段下収納が設けられています。

階段下収納を設けているが意外と上手に活用している人は少ないのが現状です。
その理由として階段下スペースは暗くて奥が深い、空間が変形しているので物の収納がしにくいということが挙げられると思います。
奥に収納した物が見つけにくく、出し入れしにくい階段下収納になっていませんか。
これらの問題を解消するためにはいくつかのポイントを押さえるといいでしょう。
まず暗さを払拭するには照明器具を設置すればいいです。
奥行や形が変形していても使い勝手のいい収納スペースとするには可動棚を設けてきれいに陳列して物を収納するようにすることが大事です。

このような可動棚を設けることで収納スペースの上から下まで余すことなく空間を利用できるのです。
また奥行のある収納空間では引き出し収納にするといいでしょう。
引き出し収納にすることで奥に収納したものも見つけやすく、また取り出しやすくなるのです。
またキャスター月のワゴンなどを活用するのもいいと思います。
収納スペースの扉の位置にも注目するといいと思います。
なるべく奥行のない収納スペースにしたければスペースの側面に扉を設ければ横広の収納スペースとなります。
階段下の正面に扉を設ければどうしても奥行のある収納空間となってしまうのです。
扉の位置にも注目しておきましょう。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

便利な電動昇降機能

10月 3rd, 2014

住まいを新築する時、生活動線や家事動線を考えて、間取りを考えていきますが、その間取りに合わせて、集中収納を考えていくと、すっきりと片付いた、明るく、広々とした印象になります。しかし、集中収納として、パントリーやウォークインクロゼットなどのように、収納のための部屋を確保するのが良いのですが、限られた住まいの中では、必ずしも、きちんと確保することができるわけではありません。そこで、壁面に作りつけの棚を作ったり、吊り戸棚を設置したりします。さらに、床下収納を採用することがあります。

私の友人が住まいを新築した時、交通アクセスを優先しましたので、敷地面積が限られてしまい、広い集中収納のスペースを取ることができませんでした。特に、LDKはワンフロアにしましたし、その隣に、母親のプライベートリビングと寝室の2部屋を確保しましたので、パントリーを作ることができませんでした。それでも、共働きですので、食品をまとめて購入します。それらを収納するスペースを確保したいと思い、床下収納を採用しました。

ここに、常温保存できるサラダ油や調味料やビールなどを入れています。案外、重いものが多いのですが、取り出す時、大変です。特に、50代になって、床下収納から重いものを取り出す時、ぎっくり腰になってしまいました。床下収納にしてしまうと、どうしても、無理な姿勢で重いものを取り出すことになりますから、腰や肘などを傷めてしまいます。ぎっくり腰を繰り返したため、この床下収納は使わないようになりました。

先日、友人が電動昇降機能の付いた床下収納をキッチンだけでなく、リビングの一角に設けた和の空間にも設けたと聞きました。自分達も電動昇降機能を備えた床下収納を設置して、体に負担なく、有効活用できるようにすれば良かったと反省したそうです。
早速、床下収納に電動昇降機能を備えたものに交換してもらいました。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)