Posts Tagged ‘和室’

和室にカウンター

6月 1st, 2017

一体感のあるLDKに隣接する形で設けられた和室は、普段使いしやすく多目的に利用できます。私は家事や育児の合間の時間を利用してパソコンを使いネットショッピングをしたり、仕事をしたりすることが多いです。

そこで自分の時間に集中しながらも、まだ小さな子ども達にもしっかりと目が行き届くスペースを希望しました。それをこの和室に設けたのです。普段は建具を開け放ちリビングとの一体感を高めた和室は、高さを設けて小上がりにしました。小上がりの和室に横幅のあるカウンターを造り付け、ここでパソコンをするようにしたのです。

長時間利用することもあるのでカウンター下は掘りコタツのように掘り込み足をゆったりと伸ばせるような造りにしてもらいました。小上がりの和室ならではの造りです。横幅だけでなく奥行も確保したカウンターでは資料を広げてパソコンを利用しやすく、私がパソコンをしている横で子どもがお絵かきをすることもあります。広々としたカウンターは親子のコミュニケーションの場の一つにもなっているのです。

カウンターの上には同じサイズほどのキャビネットを設けています。書類やパソコン関連用品などここで必要とする物がしっかりと収納できています。キャビネットの下部には照明が設けられているので夜でもしっかりと手元を明るくしてくれています。パソコンを使用することから配線計画もしっかり行いました。リビングや和室で遊んだり、昼寝をする子ども達の様子にしっかりと目が行き届きながらも、パソコンに集中できています。いざという時は建具で仕切ってしまえばより集中して仕事が行え、主人の書斎スペースとしても役立っています。和室の活用の幅がより一層広がっています。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

和室

6月 17th, 2015

日本人なら和の空間を大事にしたいと感じる人は多いのではないでしょうか。私は結婚し、暮らし始めた戸建ての賃貸住宅には畳の和室は一室もありません。実家は畳のリビングですし、客間としての和室や、宿泊ルームも和室だったので畳の空間に慣れていた私は全室フローリングの現在の賃貸住宅に少々抵抗を感じてしまいます。

そんな我が家も新築住宅を建てることになり、リビングの延長上に和室を設けることにしました。最近では我が家のようにリビングの延長線上に和室を設けたり、リビングの一角に和室を設け普段使いできる和室を求める人が多くなりました。このようなスタイルな和室にすることで、家族が集まるリビングにより開放感や広さを増すことができます。客間として独立した和室を設けても使用頻度が下がり、もったいない空間に感じてしまいます。それよりは普段使いでき、多目的に使用できる和室が合った方がより暮らしを豊かにしてくれるのです。

洋風リビングと畳の和の空間が調和の取れた空間が繋がるように、和室を小上がりにする人もいます。我が家も小上がりの和室がいいかなと思っています。小上がりにすることで魅力がたくさんあるのです。まずサッと腰を下ろせる便利なイスになるのです。家事の合間の休憩もしやすくなります。そのままゴロンと体を倒すこともできますし、小上がりにしていることでゴロンと横になっていても立ち上がりがスムーズに行えるのです。
また畳下に生まれる空間を活用し収納スペースを設けることができます。ここに子どものおもちゃをしまったり、和室で使用する座布団をしまったり使い勝手のいい収納スペースとして活用できるでしょう。和室の魅力を今一度考えてみて、家造りを進めてみるのもいいと思います。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)