Posts Tagged ‘間取り’

子ども部屋

1月 11th, 2018

子ども部屋は、子どもの成長過程に合わせてピッタリの空間が広がるようにすることで、子どもが過ごしやすく、楽しい空間が広がるのです。そこで最近1ルーム2ドアの子ども部屋が設けられています。広々ワンルームの子ども部屋を設けておきます。このワンルームが将来的には二つの個室になることを想定して出入りするドアは二つあらかじめ設けておきます。

ドアだけでなく、窓や照明、コンセント、クローゼットも二部屋分しっかりと事前に設けておくことで、個室に区切る際に大掛かりなリフォームを必要とすることなく手軽に空間を区切ることができるのです。子どもが幼少期は、個室を必要とせずそれよりも兄妹やお友達とゆったりと遊べる空間を求めます。おもちゃを思い切り広げて遊んだり、走り回って遊べるスペースがあると嬉しいものです。

小学校の高学年頃になると、今までのように広々とした兄妹との時間も大事にしながらも、自分だけの時間も欲しくなるものです。そして中学・高校生頃になるとそれぞれの個室を求めるようになります。この変化に柔軟に対応するには、クローゼットと可動式にするのです。我が家は可動間仕切り収納を取り入れました。クローゼットが間仕切りの役目を果たしてくれながらも、衣類などをしっかりと整理できるのです。

幼少期は、壁に沿わせて設置することで広々空間を確保できます。小学校高学年頃には、このクローゼットを半分だけ部屋の中央に移動させ、プライベート空間も得られるように空間を半分だけ区切るのです。そして個室を必要とする時にはもう半分のクローゼットを移動させ空間を完全に区切ってしまうのです。いずれは成長して巣立っていくため、巣立っていった後は、再びワンルームに戻して新たな活用法を取り入れることもできます。子ども部屋はこのように成長に合わせて変化できるようにしておくとのいいのです。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

ママの居場所

8月 18th, 2017

ママが行う家事は立って行うことばかりではありません。家計簿をつけたり、裁縫をしたり、子ども達のスケジュールを管理したりと座って行うことも多いのです。そこでママの居場所となるワークスペースをキッチンからより近い場所に設けてみてはいかがでしょうか。家事の中心はキッチンで、主婦の多くは一日の大半をキッチンで過ごすこともあります。

このキッチンからより近い場所にワークスペースを設けておくことで、家事の合間のちょっとした時間を利用して、デスクワークすることができ、時間を有効的に活用できるのです。家事や育児の休憩スペースとしても最適です。自分だけのスペースがあることで家事のしやすさがアップしたり、家事や育児の疲れを取り心身ともにリフレッシュすることにも繋がります。

我が家は、キッチン横にこのようなワークスペースを設けました。横幅のあるカウンターには奥行も確保し、ここでパソコンを使用したり、裁縫や書類の整理などを行っています。広々としたカウンターを設けたことで作業がしやすいですし、コンセントを作業スペースの上部と足元にも設け配線計画にもしっかり目を向けました。足元部分にコンセントは、冬場は足元ヒーターを利用する際に便利ですし、カウンター上部のコンセントはスマホの充電に最適です。

カウンターの下にはオープン棚を設けて、ノートパソコンやプリンターなどを整理しています。上部には扉付きキャビネットを設け書類や裁縫道具などを収納しています。リビングで過ごす家族との繋がりを感じながらも、自分の時間を大切にできる最高の居場所を設けることができています。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

終の棲家

2月 24th, 2017

子ども達が独立したのをきっかけに夫婦二人の暮らしが戻ってきます。この世代の人達が求める住まいとは、無駄をなくした生活感を感じさせない空間ではないでしょうか。住宅の顔となる玄関から玄関ホールはゆったりとした広さを確保し、柔らかく温かみのある照明で空間を明るく照らします。玄関を通り抜けると対面式キッチンを中心にダイニングとリビングの一体感のある空間が広がります。広さや開放感を与えてくれることでお客様のおもてなしにも最高です。

また、この一体感のあるLDKから庭の緑が目に入ることで安心感が増しますし、ホッと安らげる空間だと感じられるのです。庭と室内の一体感を感じることで贅沢でおもてなしの時間をより演出してくれることでしょう。ただ単調にLDKを繋げるのではなく、床に高低差を付けて空間のメリハリも大切にしたいものです。

リビングは長時間過ごす場所であるだけにより居心地の良さを高めたいものです。キッチンやダイニング部分の床よりも一段低くなったロースタイルリビングにしてそれを実現するのです。天井がより高く感じられることで広さや開放感がプラスされ、ダウンフロアがより落ち着いた印象を与えてくれ居心地の良さを増してくれます。床の段差をイス代わりに腰かけて利用することもでき自然とリビングに家族が集まりやすくもなります。視線の高さもずれるので互いの視線を気にせず個々の時間もより満喫できることでしょう。

若い時とは時間の利用の仕方も、ライフスタイルも変わってくるだけに終の棲家として最適の住まい造りをして、第二の人生をスタートさせるのもいいと思います。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

スタディーコーナー

9月 28th, 2016

子ども達が勉強する場所はどこだと思いますか。二階に設けてある子ども部屋の勉強机ではなく、家族が身近に居るリビングやダイニングで勉強をする子ども達が大多数なのです。リビング学習は子どもの学力を伸ばすとも言われており、最近では高額な勉強机を購入するよりもリビングやダイニングの一角にスタディーコーナーを設ける家庭が増えているのです。

リビング学習が子どもの学力を向上させている理由として、身近に家族がいることで安心して勉強に集中できることや、分からないところや質問したいことがあればすぐに聞くことができ、勉強をスムーズに進められることができるからです。このリビング学習は子どもにとって魅力があるだけでなく、親にとっても魅力があるのです。キッチンで家事をしながら子どもが勉強している姿をしっかりと確認できますし、宿題のチェックも行いやすいのです。家事の手を止めることなく宿題のチェックができれば効率もいいです。

我が家の新居にもダイニングの一角にスタディーコーナーを設けました。子ども達が二人並んでゆったりと勉強ができる横幅を確保し、このカウンターの下にはオープン棚を設けました。勉強道具を一時置きしたり、ランドセルの一時置きにも最適です。カウンターの上をスッキリと片づけられるので生活感を感じさせにくいですし、いろいろな用途で利用しやすくなっています。

パソコンスペースとして利用したり、家計簿をつけている横で子どもが勉強することもあります。腰壁を設けて隣接するリビングと緩やかに空間を区切るのもいいでしょう。子どもが勉強に集中でき、よりよい環境で勉強ができるようにスタディーコーナーをしっかりと設けておきましょう。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

ママの居場所とパパの居場所

8月 12th, 2016

最近では家事の中心であるキッチンの近くにママの居場所となるワークスペースが設けられることが多くなってきました。ここで、家事の合間の休憩をしたり、家計簿をつけたり、裁縫をしたり、夕飯のレシピを検索したり、子ども達の行事を確認したりとデスクワークを行うスペースとしても活躍してくれます。家事や育児に追われるママにとって自分の居場所となるスペースがあるとホッとでき、家事や育児への原動力になるのです。

我が家にもこのワークスペースを設けました。キッチンスペース横に設けられたママスペースは、主にパソコンを使用しています。家事や育児の合間にパソコンを使って仕事をしているので、パソコンを集中して行えるスペースがほしいと以前から思っていました。リビングで遊ぶ子ども達の様子を確認しながら、仕事にも集中できます。趣味はネットショッピングなので趣味を楽しめる空間にもなっているのです。

パパにとっても自分だけの居場所が欲しいものです。男性の多くは書斎スペースに憧れを抱くものです。パソコンをしたり、持ち帰りの仕事をしたり、読書をしたり自分の時間を過ごせる空間を設けてあげるのもいいのではないでしょうか。我が家は、書斎スペースを寝室の一角に設けました。寝室と書斎スペースの境には腰壁で空間を緩やかに区切りました。夫婦が一緒の空間に居ても互いの視線を気にすることなく、それぞれの時間を過ごせますし、腰壁なので空間に圧迫感を与えません。ママの居場所もパパの居場所もどちらも設けて、家族の時間と個人の時間を大切にできる住まいにしましょう。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

ウッドデッキのある暮らし

7月 7th, 2016

我が家のリビングの先にはウッドデッキを設けました。このウッドデッキは横幅があるだけでなく、奥行も確保したので多目的に使用できる便利なスペースとなっています。ウッドデッキの上には同サイズの二階のバルコニーが設けられているため、これがウッドデッキの屋根代わりにもなっているのです。屋根があることでウッドデッキの居心地をより高めてくれています。

ウッドデッキで過ごす時間は、庭の景観を楽しみながら、太陽の日差しを浴び、心地よい風を感じ自然と隣り合わせの時間を過ごせるのが最大の魅力です。ウッドデッキで過ごす時間をよりプライベートな空間にするために、近隣住民や通行人の視線をカットできるようにフェンスや植木を取り入れています。プライバシーをしっかり守ることでウッドデッキスペースがより充実した空間となるのです。

ここは庭との繋がりを感じられることもできますし、リビングとの一体感も感じられるのです。大開口の窓を開け放ち、リビングの延長として過ごすこともできるのです。子どもが遊ぶスペースとして、ペットと過ごすスペースとして、テーブルを置き食事をする場所としてなど多目的に使用できるのです。

そこでリビングとウッドデッキの境に段差をつけないようにしました。リビングからフラットにウッドデッキが続くことで小さい子どもから足腰の弱った高齢者まで安心して行き来をすることができます。また行き来をスムーズにしてくれるのでウッドデッキがより身近な存在に感じられるのです。我が家にこのスペースはなくてはならない存在となっています。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

新居に取り入れたい空間

3月 18th, 2016

我が家もついに夢のマイホーム購入に向けて動き出しました。住宅に無知な我々は、まず多くの住宅を見ることで住宅へのイメージを沸かせるようにしました。モデルハウス見学へ行ったり、完成住宅会に参加し数多くの住宅を見てきました。その中で我が家の新居にぜひ取り入れたいなと思ったのが、階段途中に設けられる中二階スペースです。

階段というと一階と二階を繋いでくれる通路でしかないと思っていたのですが、その途中に多目的に使用できるスペースを得ることで、住宅への満足感や充実感が高まるのです。ポイントは見通しをよくすることです。一階のLDKから中二階スペースへしっかりと目が届くように、そして中二階スペースからは一階のLDKが見えるような間取りにすることで、ここを小さな子どもから大人まで利用しやすくなるのです。

子どもがそこで遊んでいても、キッチンで家事をしながら子どもの様子がきちんと確認できれば安心します。また子どもも一階を見渡せば親の顔が目に入れば遊びに集中できるのです。時に親がここをパソコンスペースとして利用したり、書斎スペースと利用しても、一階を見渡せば子どもをしっかり確認でき、一階にいる家族との繋がりを感じながらも、中二階で自分の時間を満喫することもできるのです。

またこの中二階スペースの下のスペースには大きなデッドスペースが生まれます。ここを収納スペースとして利用すれば、リビング収納を充実させることができます。階段をただの通路として捉えるのではなく、このように多目的に使用できるスペースを得て住宅で過ごす時間をより充実させたいと思います。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

家事室

2月 15th, 2016

間取りの中に家事室を設ける家庭が増えてきました。家事を集中して行える家事室は主婦の憧れの空間とも言われています。家事室では洗濯物を洗う、干す、たたむ、しまうという一連の家事を一か所で行うことができる場所です。誰にも邪魔されることなく家事を行えることで家事の効率は高まりますし、家事の時短に繋がります。

この家事室を設ける場所は家事動線の要となるキッチンと洗面室の間がいいと思います。一日頻回に渡り行き来をするキッチンと洗面室の架け橋的な場所に設けることで家事効率が高まります。ここには天井から吊るすタイプの室内用の洗濯物干し場を設けます。洗濯は毎日行う家事の一つで、屋外に洗濯物を干せない日というのも意外と多いです。雨の日はもちろん、時期によっては花粉が多く飛散したり、大気汚染物質が多く飛来する時もあります。このように悪条件の気象条件の時でも洗濯は行うだけに、室内にもしっかり洗濯物を干せる環境を整えておきましょう。

そして乾いた洗濯物をたたんだり、アイロンがけをする時に便利なカウンターを設けておくのです。裁縫をしたり、家計簿をつけたりとちょっとしたデスクワークをする時にも最適となります。そしてたたんだ洗濯物をしまえるようにクローゼットを設けましょう。ここに家族の衣類を管理することで、一階で身支度が行え家族みんなが使いやすいクローゼットとなります。家事動線に配慮して家事室を設け、家事を効率良く行え、自分の時間を楽しめる家にするのもいいのではないでしょうか。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

二階ホールを有効活用させよう

1月 18th, 2016

階段を上がった先のホールをどのように活用させていますか。最近ではこの二階のホールを有効活用させる家が増えてきました。二階ホールはただの通路にしか過ぎなかったのですが、ここのスペースを利用することで設けることができなかった趣味を楽しむ空間を得ることができたり、家族で過ごす空間をより充実させることができたり、物を片付ける収納スペースを確保することができるのです。

我が家の新築住宅には階段を上がった先のホールは6帖の広さを確保しました。二階の各部屋にはこのホールから行き来ができるようになっており、二階には廊下がありません。廊下がないことで各スペースを有効的に使用できるのです。我が家の二階ホールの活用法は、ファミリースペースです。二階に第二のリビングルームを設けることで家族で過ごす時間をより充実させることができるのです。一階のリビングとは違った楽しみ方ができることで家族のコミュニケーションも弾みます。

昼間は子どものキッズスペースとして利用しています。一階のリビングではなく二階のホール部分におもちゃを並べているので、一階におもちゃが散らかることは減りました。子ども達にとっても遊びに集中できるスペースがあることで遊ぶ時間がより楽しくなった様子です。我が家の二階ホールはリビングの一部を吹き抜けにした部分に沿って設けられています。子ども達だけで遊んでいてもこの吹き抜けを通して子どもの様子や声が聞こえてくるので安心できます。また吹き抜けに向かって声をかければ一階と二階で会話もしやすく、バラバラで過ごす時間も家族の一体感を感じられるのです。

二階ホールでは寝る前の時間を家族みんなで過ごしています。寝室により近い場所でくつろぐことで、いざ眠くなった時はすぐに休むことができます。二階で過ごす時間も大切にしてほしいと思います。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

中二階のある家

8月 30th, 2015

我が家は新築住宅を建てようと大手ハウスメーカーのモデルハウスを見学しに行きました。その住宅には吹き抜けに面して階段途中に中二階スペースが設けられていました。私はこの空間を見て、大変気に入り我が家にもぜひこのようなスペースを設けたいと強く感じました。広さはなくてもこじんまりとした空間が安心や落ち着いた印象を高めてくれます。

またこのスペースを多目的に使用できることが一番いいなと思いました。吹き抜けに面して設けられた中二階は、子どもがここで遊んでいてもLDKから親の目がきちんと行き届きます。子どもも下を覗けば親の顔が見れるので、安心して遊ぶに集中できるのです。またパパの書斎ルームとして、時には私のパソコンスペースとして活用させることができます。家事や育児の間にホッと一人で自分の時間が楽しめる空間があると嬉しいものです。家族との繋がりを感じながらも、個室のような感覚も得られるこの中二階スペースは大変魅力的でした。

ここにはカウンターデスクが設けられており、足をゆったり伸ばせるようにもなっていました。子どもが勉強する時や、私がパソコンを使う時でも足をゆったりと伸ばせて作業が行えるので集中力も高まります。夜でも使用できるように照明もきちんと設けられており、パソコンや携帯の充電、電気スタンドなどを使えるようにカウンターデスクの上部にコンセントも設けられていました。このような環境を整えておくことでより便利で使い勝手のスペースとなります。空間を上手に活用した中二階スペースを我が家にもぜひ取り入れたいです。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)